ダイコンドラ知ってます?

ハマゴリblogを愛読していただいている

皆さんなら

勿論ご存知ですよね?
そう!

芝生のかわりに最適なダイコンドラ

雑草対策ならこれが最適。

ダイコンドラ(ディコンドラ)の特徴は這い性を持つ多年草の植物であることで、地面を這うような形で広がるため、芝生などのようなグランドカバーとして利用することが出来る草花です。

また、花の大きさは2~3mmと小さく、しかも葉の付け根に近い場所に咲く事からも開花しても気が付かない事が多く、観賞として利用する場合は鉢植えがお勧めです。また、ダイコンドラ(ディコンドラ)の葉は丸い感じのハート形をしており、この形も魅力の一つと言えますが、グランドカバーとして使うことが出来る双子葉植物の中では珍しいものであり、

種での繁殖が容易に行うことが出来ます。「エメラルドフォールズ」、「シルバーフォールズ」、「ハートグリーン」と言った名前で種が流通されており、グリーンの葉を付け日本にも分布している「レペンス」、アメリカ産の「カロリネンシス」、

ウルグアイ産のシルバーの葉を付ける「セリケア」などの品種の種だと言われています。ダイコンドラ(ディコンドラ)の育てる環境は葉の種類などに応じて異なるといいますが、グリーンの葉を持つレペンスなどの場合は、日当たり~半日陰の場所、

シルバーの葉を持つセリケアなどの場合は日当たりの良い乾燥気味の場所と言われており、品種に応じて育て方も変わるのも特徴です。

尚、この植物は多年草の常緑となるため、毎年花を咲かせますし、冬場も緑色もしくはシルバーの葉を持たせることが出来ます。耐寒性や耐暑性も平均的なものであり、丈夫な植物と言う特徴もあります。

さて、そんなダイコンドラをハマゴリ、買いました。

種をみてびっくりドンキー(寒)

強烈な青!体に悪そうです。

食べませんが・・。(゚∀゚)

 

食べたらあきまへんで!

 

ポチットご協力感謝いたします。

にほんブログ村