第211話 注文住宅と建売住宅

ようこそ、三井ホームで注文住宅を建てた

ハマゴリです。

住み始めて3か月が経過しました。

いたって快適です!

何と言っても、ジメジメが感じない!

これが・・・

おっと!今日の話題は

「注文住宅と建売住宅」

なのでこれ以上は後程。

 

 

さて、世の中の多くの人が建売住宅に住まれています。

かくゆうハマゴリも実家は建売住宅でした。

 

建売住宅のメリット

①住みたい地域に家付きの土地が手に入る

これは建売の一番のメリットです。

駅近徒歩5分!なんて好立地で土地を探すと

・・・あ、これはハマゴリの住んでいる横浜を例にしてですが

土地だけで4000万~5000万位しかも30坪位で飛んでいきます。

勿論、住んでいる地域によって土地の単価は様々です。

私の故郷である富山県で200坪の土地が売り出されてますが

坪単価7万でした。

200坪で1400万円・・・・。

 

②価格が安い

ほとんど土地代なの?という位

安いこともあります。

素敵な立地に建売を買って

将来建て直す計画を練っている

知り合いもいます。これもありです。

若い方なら!20代で建売を購入して40代で注文住宅を

土地があればこんなことも考えられますよね。

 

③打ち合わせがいらない

三井ホームで家を建てるまでの打ち合わせ

大小入れると

20回位はあったかもしれません。

建売ですとそんな面倒な事はありません。

 

さて、こうしてみてみると

なんか建売の方がお得なんじゃない?

って思われるかもしれません。

人によって価値観は様々です。

この場所に住みたい!という方なら

建売で良い物件がでれば決めるのもありだと思います。

現にハマゴリも最初は建売をガンガン探してました。

 

では、どうしてそれが三井ホームで注文住宅を建てるようになったのか?

 

・自分の考えた間取りで家を建てたかった

・住んでいて安心出来る家を建てたかった、地震、火事、その他災害に強い

・使いたいメーカーの使いたいキッチンやお風呂、トイレ等を備え付けたかった。

・何よりも価値のある家を将来、子供に残してあげたかった。

 

これにつきると思います。

現に我が家のまわりにも

同時期に何件が家が建ちました。

その中には建売に近い物件もありましたが

人海戦術でいっきに上棟させてました。

ある日、10人以上の大工さんがやってきて一斉に・・

 

三井ホームはほとんど2~3人位の大工さんが

作業してました。釘の本数や打ち込む間隔まで

細かく決められいる三井ホーム。

それは大震災でも倒壊0をうたっているだけの事はあります。

 

地震大国日本で住み続けるには

それなりの耐震要素がないと

家だけでなく大切な家族を失う事につながります。

 

それと嫁さんが

「隣数軒と同じデザインは嫌」

わかります・・・実家は隣と瓦の色が違うだけで間取りは全く一緒。

 

そしてアフターフォローもハウスメーカーで注文住宅を建てる

メリットだと思います。

実家の建売は住んでから一回も不動産屋は来ませんでしたし

数年して倒産してました・・・。

 

さてあなたはどちらを選びますか?

 

 

コメントを残す