数回に分けて三井ホームの特徴を

紹介しているハマゴリです。

今回は耐震力という部分を紹介していきたいと

思います。

下の写真は我が家の施工に使われている

ホールダウン金物の実際の写真です。

三井ホームでは様々な場所に耐震を意識して

強化の工夫が施されています。

さて三井ホームのHPで

そのあたりの説明がされているので抜粋しました。

ご覧ください。

 

耐震力 モノコック構造の堅牢さ。

モノコック構造が地震の力を分散

モノコック構造は、基本となる枠組と、面材で形成された床面・壁面・屋根面を6面体で構成した堅牢な構造です。スペースシャトルや航空機、フォーミュラ・ワン(F1)などにも採用。そのモノコック構造の大きな特長は、外力をバランスよく分散するところにあります。地震の際にも家全体で力を分散し、揺れを抑えて高い耐震性を発揮します。

枠組材と面材を一体化させた「ダイアフラム」

強い剛性をもつ面材と枠組材を一体化させた「ダイアフラム」。水平ダイアフラムが、加わる力を各所に分散させて外力に抵抗。そして、垂直ダイアフラムが、水平ダイアフラムから伝わる力などを分散して基礎へ伝達し、建物の変形や倒壊を防ぎます。

三井ホームは「床勝ち」

三井ホームは、密閉度の高いモノコック構造のため、すき間がなく、気密性が高いため外気温の影響をほとんど受けません。

三井ホームは「床勝ち」

木造軸組工法は「柱勝ち」

床と壁が緊結できないので、柱との接合部が空気の通り道となります。

木造軸組工法は「柱勝ち」

強固な構造躯体を構築する高性能金物

コネック(三井ホーム独自開発)

この金物で2本の木材を結合し、約580㎏の引張力を加えても、変形量はわずか1㎜未満にすぎません。これは、アップライトピアノ3台を吊り上げるのに匹敵する耐力です。

構造用釘

壁と床に対して所定の細かい間隔で釘を打ち、強力な結合力で建物の構造を強化。横方向の力に対して特に強さを発揮します。

ワッシャーナット

基礎部分のアンカーボルトを土台に留めつける「ワッシャーナット」。 一般的なボルト締めでは、土台部分を削り取ることになる座掘りを設けますが、「ワッシャーナット」下部に切削用の刃を備えており、土台を必要最小限しか削らないため、強度低下を招きません。

スクリューネイル

DSパネルの吹き上げを防ぐ、緊結金物「スクリューネイル」。従来の仕様よりも1.5倍(当社比)に強度を高め、接合耐力は実に1.427kN(145kgf、1本あたり)。これを30cmという密な間隔で打ち、ダブルシードパネルを外壁に緊結しています。十分な防錆処理が施されており、耐久性にも優れています。

ホールダウン金物

基礎と建物の連結を強化する「ホールダウン金物」。特に荷重が集中する部分等に使用します。高性能の金物を採用することで、より確かな構造強度を実現します。

オリジナル金物

土台と1階壁、1階壁と2階壁をそれぞれ高い防錆性能をもつ高強度の金物で緊結。構造躯体に対する、横方向からの力だけでなく、上下方向の力に対しても優れた耐性を発揮します。

三井ホームでは施工がしっかりとなされているか

検査が都度都度入ります。

三井ホームでは釘の本数や金具の数もしっかり決められているので

我が家は金具が1カ所足りなくて検査でひっかかり、ちゃんと

追加されてました。これが震度7に60回耐えられる家作りなのでしょう。

私達がこれから先も子供や孫の代まで安心して

住んでいけるそんな建物をお考えなら

三井ホームをお薦めします!

(なんか最近、三井ホームの営業みたくなってきたかも・・・)

まあ、住んでみての感想です。

しっかりと厳しい規定で建ててくれたこと

安心感につながっていると思います。

 

ハマゴリ参戦中です。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ

にほんブログ村