第169話 長期優良住宅の認定に役所がキター

三井ホームで家を建てる時に

長期優良住宅ですとは言われてましたが

私が住んでいる役所から担当者が連休中にやってきました。

三井ホームに引き渡し後に頂いた

長期優良住宅の認定書類と

家の図面 1階、2階を渡しました。

 

昨年土地の取得をして家を建てたのですが

まだ建物が建ってなかったので固定資産税の料金は

土地扱いで、えらいことに・・・更に建物建ったらそれに

プラスαしたら毎年大変じゃないかい!!!と

思ってましたが。

おっとその前に長期優良住宅とは?下記ご覧ください。

https://www.hyoukakyoukai.or.jp/

こちらより抜粋。

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、大きく分けて以下のような措置が講じられている住宅を指します。

  1. 長期に使用するための構造及び設備を有していること
  2. 居住環境等への配慮を行っていること
  3. 一定面積以上の住戸面積を有していること
  4. 維持保全の期間、方法を定めていること

上記のうち1.は建築物に関する技術的な基準で構成されており、その多くは住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の基準(以下「評価方法基準」といいます。)を準用しています。

また、上記1.~4.の全ての措置を講じ、所管行政庁(都道府県、市または区)に認定申請を行えば、長期優良住宅としての認定を受けることが可能となっています。

平成28年4月より、長期優良住宅の認定は新築だけでなく増改築を行う場合にも認定を取得することが出来るようになりました。
※「増改築」とは、耐震改修工事や断熱改修工事等、建築基準法における取扱いと必ずしも同一でないものも含みます。

「住宅性能表示制度において評価する性能」のイメージ

結構役所の担当者の方が丁寧に説明してくれます。

我が家の坪数で土地の固定資産税が20万~30万の間でした。

固定資産剤の減税の説明をしてくれましたが

下記を参考にされてください。

 

長期優良住宅の固定資産税の減額の概要

長期優良住宅の固定資産税の減額措置の適用期間
適用期間:平成30年3月30日までに取得
戸建て区分 減額措置 一般住宅 長期優良住宅
戸建て 税額1/2 3年間 5年間
マンション 5年間 7年間

長期優良住宅として認定を受けた住宅の固定資産税の各年の軽減額は一般住宅と変わりありません。

ただし、減額措置の適用期間が一般の住宅よりも長く設定されています。

  • 適用期間(戸建て):一般住宅 3年間 → 長期優良住宅 5年間

 

通常、固定資産税は以下により軽減されます。
■新築住宅の固定資産税額=住宅の固定資産税評価額×1.4%×1/2※1戸あたり120m2相当分までを限度

この減額措置によって1/2となる期間が一般住宅(戸建て)の場合は3年間、長期優良住宅の場合は2年延長され5年間適用されるということになります。

長期優良住宅として固定資産税の軽減を受けるための主な要件

  • 床面積が50㎡以上280㎡以下であること
  • 長期優良住宅の認定通知書を取得していること

これで当初5年間は

固定資産税が安くすむそうです。

勿論、申請する必要があるので

源泉徴収表が会社から貰えたら税務署へGO!

 

こうやって自分のサイトで色々と取り上げていかないと

申請忘れそうで・・・アハハ

 

ハマゴリ参戦中です。

是非、ご覧ください。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ

にほんブログ村

コメントを残す