第148話  ヒートショック年間被害者数が怖い・・・全館空調で対策!

この前、全館空調をとりあげた時に

ご質問がありました。

「全館空調の吹き出し口はエアコンの様に、お部屋だけなんでしょうか?」

ノンノンノン。( ゚∀゚)

お答えいたします。

この写真は2階の廊下ですが

しっかりと吹き出し口があります。

勿論、送風や冷房と

設定した風がふいてます。

脱衣場でもある洗面所や玄関にもあります。

我が家が全館空調を取り入れた要因のひとつに

ヒートショック対策でもありました。

 

ヒートショックとは、急激な気温の変化に体が対応しようとした結果、

急激な血圧の変化が起き、その結果身体は耐えられずに様々な異変が起きます。

血圧が急激に上がることによる心筋梗塞脳梗塞、逆に血圧が下がり過ぎて意識が無くなる、といったことがおこります。

その後浴槽内でおぼれてしまうこともあるのだとか。

 

ヒートショックによる死者数は年間約1万人

他人事ではありません。特に高齢者に多く、動脈硬化がみられる人は要注意です。

1万人と言う数は、交通事故による死者数の2倍以上です

ヒートショックなんてよほどのことがないと起こらない、なんて考えていたら大間違いです。

お風呂場で死亡する方が意外と多いんだ、という話は聞いたことがあるかもしれませんが、実にその8割はヒートショックが原因だと言います。

浴槽につかり、急激に体温が上昇。結果血流が一気に上がり、その後急激に低下。これがヒートショックを引き起こします。

 

ヒートショックの原因は「温度変化」であることが明確にわかっています。日本の家の多くは、人がいる場所しか温めませんから、部屋と廊下、脱衣所、浴槽の温度は全く違うのが普通でしょう。外国から見たら「日本の家は寒すぎる」と言われる所以です。

下記サイトより情報を頂きました有難うございました。

http://magald.com/column/23-hiito.php

こちらが洗面所です。

吹き出し口があります。

洋服を脱いだときに、一気に温度差を感じる場所なので、安心です。

さらに玄関にも勿論。

真冬の寒い玄関対策に

ほんわか、あったか玄関に仕上げました。( ゚∀゚)
全館空調は家の中を一定の温度にします。

それが家族皆の健康を保つのに

一役かってくれるのです。

いつもポチッと

ありがとうございます。

にほんブログ村

コメントを残す