さて昨日に引き続き

 

住宅ローンの話題です。

 

住宅ローン商品の一つが変動金利型です。

何故かって?日銀の政策にあります。

日本の景気低迷を打破するため、日銀は一部金利がマイナスになる、

マイナス金利政策を実行しました。

変動金利及び短期金利はいまだに、かつてない程の低金利です。

2017年に入っても変動金利は0.5%前後で推移しています。

 

実際我が家はメガバンクの変動型住宅ローンを利用しています。

 

5年~10年前と比較すると、空前の低金利と言えるでしょうが、

残念ながら、いつまでもこの低金利が続くものではありません。
住宅ローン(変動金利)ランキングで1位なのが

【じぶん銀行住宅ローン】

2017年4月の住宅ローン金利は、

変動金利0.497%という低金利を実現。

当初固定2年0.420%、

当初固定3年0.530

当初期間引き下げプランも競争力ある金利を提示しています。

auユーザー向けのau住宅ローンに申し込む事で、auの携帯、スマホ料金が

毎月500円を5年間割引になるセット割があります。

 

【住信SBIネット銀行 住宅ローン】

2017年現在で0.5%を切る金利水準。

 

固定金利でも上位の2銀行が、変動金利でも強いです。

【イオン銀行 住宅ローン】

 

イオン銀行の住宅ローン契約者限定で、所定の条件を満たすとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!

 

【ソニー銀行 住宅ローン】

繰り上げ返済は、ネットから24時間365日申込みができ、手数料も無料

変動金利から固定金利へ、ネットから簡単にスイッチングできる他、

団信保険料を無料となっており、サービス内容は他の住宅ローンと比較しても優位性がある。

 

固定金利も変動金利も

ここまでくると、どの銀行の住宅ローン金利も

かわりません。

後は予審次第です。

何社か同時進行することを、おすすめします。

↓   ↓   ↓


 

住宅ローンはまず、ローンを実施する銀行にて、

必要な書類を提出し、書類に捺印したりサインをします。

借りたお金が銀行から支払われることを「住宅ローン実行(融資実行)」といいます。この時にはペアローンだとしても一人だけ立ち合えば大丈夫です。私は土地の融資実行時に、仕事で立ち会えなく、嫁さんが親父と参加してくれました。

※銀行によっては認められない可能性があるので必ず、確認してください。

融資実行といっても

銀行から私達の講座にローン代金が一括で振り込まれ

それを不動産会社に振り込んでくれます。

なので残念ながらお札の山を拝むことはできません・・。

 

ちなみに三井ホームでは

契約時

着工金

上棟金

引き渡し時

この4回の支払いが発生します。

お忘れなきよう。

 

これからWordPressでBlogをはじめようというかたに

お薦めです。ハマゴリも利用していますが

満足しています。有料レンタルサーバーですが

自由度は半端ないです。お試し期間10日間は無料ですから

試してみてください。

↓   ↓   ↓