三井ホームの全館空調

この前お話しさせていただきましたが

その配管写真です。
1階にある両親の部屋です。

この部屋は10畳あるので

全館空調の吹き出し口が2ヶ所

ベッドを置く場所は避けて

設計士さんと全館空調サービス会社さんが

設定してくれました。



さて、全館空調には幾つか注意点があります。
・本システムは次世代省エネの住宅専用です。

・システム導入にあたり動力電源の契約が必要になります。

ここが肝になりそうです。低圧電力契約だと

夏季7月1日~9月30日  17円06銭

その他 10月1日~翌6月30日  15円51銭

基本料金は1101円60銭 

・メンテナンス契約(有料)が必須のシステムになります。

メンテナンス契約 年1回コース 18000円 1年に1回エンジニアが訪問してきて指定点検項目のチェック、加湿エレメントの洗浄、各種フィルター清掃をするそうです。

・条件により加湿運転時は加湿しない状態と比較して5%~10%の湿度が上がります。⇒加湿空気清浄機は1階の両親の寝室と夫婦の寝室とリビングに3台置きます。

・吹抜けやスロープシーリングではシーリングファンまたは床暖房の計画が必要です。⇒床暖房・・・全館空調と床暖房・・いったい幾らの電気代になるのか怖い

・3階建てでは機械室を3階に設置することはできません。

・薪式暖炉やファンヒーターなどの内部燃焼式の暖房機器との併用はできません。

 

色々と注意しなければならない点もあるようです。

我が家は横浜市にあり標高が高いわけでもないので

冬の寒さや夏の暑さも激しくないので

三井ホームで家を建てた方の内覧会(横浜市)

に参加した時に、そこの旦那さんに一番最初に聞いたのが

全館空調の事。

旦那さんは普段から1年中送風だそうです。

なので電気代は全然気にならないらしいです。

我が家もその方式でいきます。

実はガスがプロパン言われたので

オール電化にしました。ガス代がなくなった分

電気代にのってきますが。

 

家が建った後のランニングコストは報告していきます。

 

 

注文住宅の資料請求を考えたら!こちらで

住宅ローンを考えたら!やっぱりこちらで