1.住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除とは、家を購入したり建てたりする場合にローンの借入の金利負担を軽くしますよ、という制度です。対象となる期間の年末の住宅ローン残高の1%がその年の所得税から最長10年間控除されます。この控除額が所得税よりも多い場合は住民税からも控除されます(最大13.65万円)。また、平成26年4月の消費税率の引き上げに合わせて、最大控除額が400万円に拡大されています。「認定長期優良住宅」や「認定低炭素住宅」の場合はなんと500万円まで控除されます。

2.控除を受けられる条件は?

是非とも活用したい制度ですが、この制度は誰にでも利用できるのでしょうか。
以下をご確認いただき、条件に当てはまる場合は申請手続きの準備をしていきましょう。

・住宅取得後6か月以内に入居し、各年の12月31日まで居住している
・住宅の床面積が50平米以上である
・返済期間10年以上の住宅ローンを利用すること
・年収が3000万円以下であること
・新築住宅だけではなく、中古住宅やリフォームにも適応できる
・増改築等の場合、工事費が100万円以上であること
・中古住宅の場合は耐震基準に適合していること

3.いつ申請すればよいか?

制度のことを理解していても申請しなければ意味がありません。申請するタイミングは入居した「翌年の確定申告時」です。会社員などの給与所得者は、確定申告をした次の年からは年末調整で控除を受け取ることができます。確定申告時には必要書類を提出する必要があるので、忘れずにお住いの地域の税務署等で必要書類を揃えましょう。


まとめ

使える控除は絶対に使いましょう。

さてここでポイントが

頭金を沢山用意する方もいるとおもいますが

控除はローン残高の1%が10年間!

ってことは頭金を10年以降の繰り上げ返済に

使うという判断もありです。

このあたりは調べて試算するほうがいいです。

私は一条工務店、三井ホームから依頼された

ファイナンシャルプランナーさんにプランを出して

いただきましたので、助かりました!

次回は保険関連を