我が家にとって

大変重要な1日をむかえました。

まず、嫁は母ちゃんと妊婦検診に

親父は土地確認に、その後不動産屋と

合流予定

私は仕事・・

朝の早い時間から

張り切って土地確認に走る親父

それには、理由がありました。

私の両親の部屋も1階に作ることに

なってました。

家が建ってから直ぐにではない予定ですが

10畳の部屋に越してくる嬉しさから

気合いが入っているみたいです。

雨がじゃかじゃか降ってますが

「いいよ!バス停からも近いし、商業施設まで歩いて5分、土地が広いし、駐車場も2台あるよ!」

と親父からLINEが

いままでで、やはり最高の条件のようです。

ひとつ気になっていたのは

家の裏手にある、ようへき。

ようへきと、土地の間には少ないながらも

竹林があります。

竹林!春に筍食べたい!と嫁が

喜んでいました。

竹林があるということは

地盤は強いと信じたい!

問題は三井ホームで家を建てれるか!?

仕事を終えて、某商業施設の珈琲店に

来てとの連絡があり

車を飛ばして向かいます。

到着すると難しい顔した面々が

「どうしたの?土地仮おさえしてないの?」

と、質問すると

三井ホームの設計から、まだこの土地で

家を建てていいか許可がおりてないとのこと、

せっかくの土地なのに、仮おさえできないと

とられるで!

「三井ホームで建てれないなら、一条工務店かな・・」

とポツリと、呟いてやりました。

営業が青い顔して喫茶店の外で電話してます。

実は三井ホームから紹介された不動産屋さんが

この土地の売り主である不動産屋をよく知ってるらしく、色々連絡をしてくれていました。

本当は仮抑えの100万円をいれたら

ローンの審査が通るまでは安泰です。

ただし、こちらの事情で解約した場合は

100万円は戻ってきません。

ローンが通らなかった場合は別で100万円戻ってきます。

また、売り主側が断ってきた場合は

200万円もどります。

この日は結局仮抑え出来ませんでした。

数日後

三井ホームから建築OKがでまして

無事に土地の仮抑えができました。

そしてこれで三井ホームで

家を建てる決心をしました。

さて、これからは

一条工務店に支払っていた100万円の返金を依頼する事

三井ホームの見積りをもらうこと

土地と建物のローンを通すこと。

さああわただしく動き出しますよ!
続く