港北住宅展示場での経験で

これからの方針が決まった。

 

戸建ての建売を探す!

 

なんで建売?と思われる方もいると思いますが

港北展示場でハウスメーカーを見て回り

情報を仕入れ、夫婦で考えられるローンは多くても4500万位との

結論に達し、横浜で実家側だと土地だけで3000万~4000万

で、建物にかけれるのは多くても1500万、

少ないと500万、もうリフォームの世界!

となると建売を狙うしかありません。

嫁 「現実的に建売ね!」

と我が家の大蔵省が方針を決めちゃいました。

 

その命を受けて、仕事から帰るとPCの前に座り

住宅検索サイトを毎日の様に見ながら

気に入った住宅を探します。

 

ただし検索には土地も入れておきます。

いまだに注文住宅の選択肢も捨てきれません。

これは内緒です。いい土地がみつかったら

嫁さん洗脳作戦を実施します。

 

 

嫁の戸建てを選ぶ上での3箇条

 

1 リビングが1階にある家

将来、私の両親との同居を考えリビングは1階、そして両親の部屋も1階に

これは足腰の弱るであろう両親の為に、階段を登ったり降りたりするのを

極力省く為の策です。またリビングの側に部屋があると常に私たちも

いるので寂しくないとの気遣い。

・・・我が嫁ながら出来た嫁です。(本人には内緒です)

 

2 駐車場は2台

夫婦揃って車通勤なので、やはり必須な項目です。

 

3 収納がたっぷり

収納が沢山あるのを条件に加えました。

 

毎日のように物件探しをしていると

不思議と色々なことを覚えるようになります。

建蔽率

容積率

様々な条件等

不動産屋で働かない限り知らないような事も

知らず知らずに覚えていきます。

 

それからしばらくして

実家から数十メートルあたりで戸建の建売住宅が建設ラッシュに!

見に行った時に丁度基礎工事中でした。

嫁「あの基礎鉄骨・・・・少ない」

私「・・・・」

古いアパートが建っていた土地に戸建て住宅を4棟建てているのですが

どれも同じ工務店で工事しているようですが

全て基礎の鉄骨が少なくて、心配になってきます。

 

東日本大震災の様な揺れがやってきたら、どうなるのか

考えただけで不安になりました。

 

更に、この建物の販売用チラシが新聞折込されていました。

この辺りなら、土地だけで3500万位は間違いなくするでしょう

しかし、チラシには驚きの金額が

各棟4300万・・・いったい建物の価格が幾らなのか

建ってから見にいっても分からない点が怖いと非常に感じました。

 

実家も築30年の建売です。

冬が非常に寒かったり、夏が暑かったりしますが

震災の揺れにも耐えました。

建売の全てが危ないわけではありませんが

出来ることなら、建てていく過程を見れたら安心できると改めて思いました。

 

前に横浜の、ららぽーとの横のマンションが傾いたとの

ニュースが衝撃的でした。あれだけの大手が建てても・・・と考えると

 

建売を考えている方は、建築中から覗きにいくことをお勧めします。

そんな衝撃的な現場とチラシを見てしまったせいか

嫁のテンションががた落ちしました。

 

嫁はパルプンテを唱えた

なんと嫁のレベルが下がった。

 

そんな姿を見るに見かねて

私「今度、武蔵小杉の住宅展示場みにいく?」

嫁「いく!」

hamagoriはパルプンテを唱えた

なんと下がった嫁のレベルが元にもどった。

 

そして、この住宅展示場への訪問が・・・・私達夫婦を思わぬ方向へ・・

 

続く